読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

毎日の仕事に憂鬱なあなたへ贈る言葉(夢をもて、大志を抱け)

BlogPaint

はじめに

 

仕事で疲れてくると、夢も希望もないように感じる。

 

サラリーマンの憂鬱とはここにあります。

 

自分で事を動かす事ができずに、組織人間として、

 

高くもない安定的な収入を得るために、我慢して働く。

 

会社は少しは成長しているが、だからなんだという虚無感。

 

そういう時に、贈る強い言葉をご紹介します。



夢をもて、大志を抱け


夢をもて、大志を抱け、強く願望せよ。

こういうと、毎日の生活をやりすごすだけで精いっぱいだ、

夢だの希望だのと何をのんきなことをいっているのかと思うかもしれません。

しかし、自分の人生を自分の力でしっかりと創造していける人というのは、

かならずその基盤として、大きすぎるくらいの夢、

身の丈を超えるような願望を抱いているものです。

私にしても、自分をここまで引っ張ってきてくれた原動力は、

若いときに抱いた夢の大きさ、目標の高さだったといってもいいでしょう。

『生き方』

稲盛和夫

サンマーク出版



あえて強くいきてみる

 

京セラの創業者で、あのJALを再生させた

 

名経営者の稲盛氏の著書からの引用をしました。

 

名経営者と呼ばれる人は、決まって強い気持ちと言葉を持っているものです。

 

そういう人の言葉は、働く側のサラリーマンを勇気づけてくれます。

 

「自分もいつかは」

 

ですが、現実はそうもいかないのはわかります。

 

私だって毎日もがいてもがいて、残業しての毎日ですから。

 

でも、敢えてこの使い古された言葉である。

 

「夢をもて」、「大志を抱け」という言葉の意味を噛みしめてみるのも

 

味わいがあるものです。

 

確かに、毎日の生活をやりすごすだけで精いっぱいだというでしょう。

 

でも、大抵の人がそういう状況の中で、時にはそこから脱出する人もいます。

 

そういう人の心の中には、必ず夢や大きな志が眠っているものです。

 

あなたの中には無いというのかもしれません。

 

業績へのプレッシャー、毎日の残業、上司からの辛い言葉、仲間からの冷ややかな視線

 

そういったものであなたの心は一杯一杯なのかもしれません。

 

でも、そっと目を閉じて、心を感じてみてください。

 

何か熱いものが埋まっているはずです。

 

そういうものを感じたら、あなたは行動できます。



おわりに

 

私は、転職をして、前の会社を辞めてからすべてが変わりました。

 

一番変わったのは、夢や目標を捨てたという事でしょう。

 

会社=夢、目標という会社人間だった私は、

 

すべてを会社に懸けていました。

 

だから、どんなに仕事がきつくても、残業過多でも、

 

それでもやる覚悟、勇気がありました。

 

ですが、人とは変わるものです。

 

退職をしてしまいました。

 

それとともに、私の夢は海の中深くに沈んでいきました。

 

でも、最近はその苦しみの中に光がみえてきた感じがしています。

 

そして、私は資格を取る決意をしました。

 

今は、その勉強の真っ最中です。

 

その資格を取ったからといって人生の保証にはなりません。

 

ですが、高校時代からの夢を思い出し、

 

もういちど、夢と大志を掲げて生きるための旗とします。



ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村