読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己実現なひとりごと

自己実現に必要なことを、あくまでひとりごととしてつぶやいたり、記事を書いたりします。日常の色々な気づきを大切にしています。

【スポンサーリンク】

計画された偶然~天職は無理に探すものではないのかもしれない

BlogPaint

はじめに

 

このブログを立ち上げる際に、テーマとして天職というものを掲げていました。

 

「天職を探すために、退職しよう」という浅はかなテーマだったといまでは思います。

 

でも、当時、心の底から今の仕事が嫌で、天職と呼ばれる、自分に向いた

 

毎日ワクワクするような仕事を求めていたのだと思います。

 

でも、ふと考えると、天職に探して当たるものだろうかとも思いました。

 

そして、どうやってそれを見つけるのか、そもそも自分の天職がわからないと

 

思い悩む時期が続いていたと思います。

 

今日は、そんな考え方を変えてくれる一節です。



計画された偶然性

 


「Planned Happenstance(計画された偶然性)」というキャリア理論に出会い、

救われた気持ちになりました。

これは要するに、「天職というものは存在しない。悩みながら道を切り開き、

その都度、懸命にやっていくこと自体がキャリアなのだ」という考え方で、

僕はこれを聞いて「あ、やっぱり自分は間違っていなかったんだ」と

それまでの迷いの気持ちを吹っ切ることができました。

『入社10年目の羅針盤』

岩瀬大輔

PHP

 

ぶん流解説

 

計画された偶然性とは、キャリアを作るにあたって偶然を活かしていくことで、

 

結果的に、計画されたかのようにキャリアを積んでいくという理論のようです。

 

いわば、行き当たりばったりで見つけた種を、育てていくことで大きな芽を開くという考え方です。

 

例えば、自暴自棄になって飲み過ぎて、道に寝ていたとします。

 

ある人が介抱してくれ、自分の悩みを聞いてくれました。

 

実際に、その人があなたの道をひらかせてくれることだってあるんです。

 

そういう偶然の出会いや出来事の中に、あなたの人生の選択肢があります

 

ですが、盲目的で、自棄のままでは、それに気づきません。



その為に、心をオープンにして、偶然をチャンスに変える努力が必要です。



好奇心をもち、粘り強く取り組み、ネガティブにならずに、柔軟な思考をもち

 

リスクをとって挑戦していくことで、その偶然はあたかも計画のようになります。



つまり、天職のような仕事に当たるのだって、偶然の賜物なのです、

 

色んな辛いことや問題が長い目でみれば、素晴らしい仕事への出会いとなります。



だから、無理な目標や夢を掲げるのではなく、

 

今の状況から自分が飛躍できる部分をオープンマインドで切り開いていくことが重要なのです。



おわりに

 

この「計画された偶然性」という考え方は人生に希望をもたらします。

 

もし、今の仕事が嫌で、我慢して働いており、自暴自棄になっているのであれば、

 

そういう考え方を続けるのではなく、心をオープンに色々なことに興味をもち、

 

まず、お金をかけずにやってみることが大切なのだと思います。

 

興味があることをまずやってみるなかで、

 

人は出会いますし、他の人の考えに影響を受け、

 

自身が成長し変わっていくものです。

 

私も、転職を失敗し、落ち込む毎日だったものが、

 

ブログを書いていくうちに、自分自身のやりたい事に気づき、

 

出来ないという壁を打ち砕くための行動に出たいという思いに突き当たりました。

 

この偶然のような必然を活かして、次なるキャリアを模索しています。

 

今が変えられないものと考えた瞬間に人生は辛くなります。

 

でも、今変えようと思って行動していると、失敗しても糧となりますし、

 

心の底からの力が湧いてくるものです

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村