元気なる×なる!Hitorigoto

日常で元気になるのに必要なことを、ひとりごとでつぶやいたり、記事を書いたりします。 ①つぶやき、ポエム②心理学③会社の人間関係(上司・同僚)④転職関連

【スポンサーリンク】

転職活動(面接)の時間がない場合の作り方

f:id:BunRyu555:20180203200524j:plain

はじめに

会社を辞めたいといっているのにも関わらず、

転職活動の時間がないと言い訳するひとがいます。

覚悟がないなら辞めたい言うな!

といいたいところなのですが、

長時間労働を強いられて、時間が全くない人もいるでしょう。

 やっぱり時間は作らないといけないのです。

まず転職すると決める事

転職活動をすると決めるのが第一ステップです。

まず、いい子ぶらないことです。

私はまじめな人間だ。

私は礼儀正しい人間だ。

そんないい子の感情を捨てましょう。

転職活動は今の会社からすれば所詮は裏切りなのです。

なのにいい子って・・。

そもそも、転職活動をする時点で、裏切っているのです、

組織から逸脱した不良なんです。

ならば覚悟を決めましょう。

時として、人は壁を蹴破らないと変わらないときもあります。

環境は時として、思いきり突き破らないといけないのです。

どちらにしよううかな?

では転職活動は成功しないでしょう。

やると決めるのです。

裏切ると決めるのです。

新しい世界に飛び込むと決めるのです。

目をつぶって、自分の中にその覚悟があるのならば、

続きを読んで、転職の時間を確保しましょう。

今の会社は次の会社が決まるまで続けること

転職するから、今すぐ辞めたい。

そう考えるのも人間ですからもっともです。

実際に本当に辛いなら、辞めて精神的にほっとしてから

転職活動をするのも手です。

でも、なるべくは、次の会社が決まるまでは、

上司に相談したり、退職届を提出してしまうのは辞めましょう。

なぜなら、転職活動で運よく、すぐに転職先が決まることは

ほとんどないからです。

早く決めないといけないと、焦って転職先を決めると、

転職失敗ということになる場合もあります。

転職活動の時間で問題になるのは面接

働きながら転職する場合に一番問題になるこは、面接です。

エントリーや書類選考は休みの日や平日の夜でもできます。

でも、面接だけは別です。

なかなか、求職者側から面接時間を指定するのは難しいものです。

ですから、ほとんどの面接は平日の日中となります。

なぜなら、面接官も仕事をしているからです。

土日、祝日は休みのところが多いでしょうし、

働き方改革で、平日も残業をして面接の時間を作るのは

非常に難しい状況です。

実際に私も転職活動中に面接を受けたのは日中が多いです。

遅くしてもらって、夕方の7時開始ぐらいまでがほとんどだと思います。

「今働いているので、終業後、7時台でお願いできますか?」

そういって、夕方枠を抑えて頂きました。

それでも、面接は日中の場合が圧倒的に多いと思います。

だから、志望度が高い会社の面接がある場合は、何が何でも日中に時間を作る必要があるのです。

面接の時間の作り方

平日の終業後であれば、何とか理由をつけて帰ればなんとか

時間を作るものです。

しかし、ほとんどの企業は平日の日中を指定してきます。

じゃあ、どうするか?

ずばり有休を使いましょう。

もちろん、いい感じの理由をつけて休みを事前にとります。

「家族の用事があって・・」

そうでなければ、平日に休めるものではありません。

でも中には、有休さえも使えない企業があります。

(実際私の会社はそういう会社でした。)

そういう場合は、最終手段を使います。

「体調不良で、今日は休みます」

そういって休みましょう。

もちろん、罪悪感はあると思います。

嘘をつく後ろめたさは湧いてくると思います。

でも、現実を考えてください。

①転職=裏切り

②面接=平日の日中がほとんど

つまり、休むしかないのです。

まじめに会社のためにと働いていては、

次の仕事は見つけることができません。

時間は自分の正義を曲げてでも作るしかないのです。

そうだから、私は最初に転職=裏切りとお伝えしたかったのです。

まとめ 

どうでしょうか、時間がないのは言い訳です。

自分の正義、信念。

そういうものが行動の邪魔をしているのかもしれません。

だから、覚悟が必要なのです。

転職は裏切りだと理解しておくことが必要です。

そう自分の将来の為には、裏切って、正義を破ってでも、

面接の時間を作るしかないのです。

転職活動って大変でしょ?

でもね。

やるしかないんですよ。

あなたの今の枠から飛び越えましょう。

きっと飛び越えた先は素敵な世界ですよ。

例え、泥沼(転職失敗)だったとしても、それはそれ。

人生に味をつけてくれます。

私も転職失敗を繰り返しました。

でも、今は素敵な会社に入って、幸せです。

未来に向かって希望をもって働いています。

それもこれも、

勇気を出して、転職活動をして、

勇気を出して会社を辞めたから。

だから、今のつかめるのです。

いつまでも目を輝かせて働いてみませんか?

転職活動の時間を作りましょう。

 <関連記事>

www.bunselfrealization.com

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村