元気なる×なる!Hitorigoto

日常で元気になるのに必要なことを、ひとりごとでつぶやいたり、記事を書いたりします。 ①つぶやき、ポエム②心理学③会社の人間関係(上司・同僚)④転職関連

【スポンサーリンク】

上司との人間関係で辞めた場合の転職理由を前向き転換する

f:id:BunRyu555:20180414152957j:plain

はじめに

会社を辞める時、ほとんどの原因は人間関係といえます。

私も過去何社も会社を辞める経験をしましたが、

辞めると決めた時は人間関係が起因していました。

なかでも、上司と関係性が悪いときに辞める事が多かったように思います。

逆に、上司との関係性が良く、仕事でも結果が出ている時は、仕事っていうのは面白いし、会社を辞める気も起きないものです。

上司との関係は、退職するかどうかの判断に大きく作用するのです。

退職理由(例)

会社の定期移動により、上司が変わり、ものすごく厳しいと有名な上司Aに変わりました。

その上司Aが噂どおりに、半端なくきびしいので人で、

「納期を守れ、スキルがないのが悪い、もっと働け!」

「お前らが駄目だから、スケジュールが遅れるんじゃ。」

「能力がないなら時間でカバーしろ」

と毎日のように怒鳴られ続けました。

こうやって追い込まれて行きました。

そうして、毎日ノルマを達成するために、残業が続き、終電までが続きました。そして、精神的に参ってしまい、

「このままではヤバイ倒れる」

と思い怖くなりました。

その瞬間辞める事を決意しました。

転職した、今でも上司の怒鳴り声を思いだすと、頭痛を覚えます。

本当に辞めてよかった。

退職理由の分析

正直、こういう上司のもとならば、

退職者が出るのは当然ではないでしょうか?

まぎれもなく、パワハラです。

その納期が守れない原因を、部下のスキル不足に求める責めること自体が間違っています。

納期厳守は必要な事だとは思いますが、

例えば、営業がお客様にいい顔したいあまりに、安い金額と、シビアな納期で契約を結んだという事も考えられるのです。

またマネージャが、コストを削減したいあまりに、タイトなスケジュールを組んでしまうということも考えられるのです。

しかし、ビジネスは残酷です。

そのあおりを受けることが多々あります。

もし、良い上司ならきっと励ましながら、

残業が続いたとしても気を使ってくれるでしょう。

そういう環境なら続けられたと思います。

だから、自分が悪いと責めることはありません。

かといって、営業が決めた事のあおりを受け、

上から納期に間に合っていないと責めらている上司の立場も

あの態度も理解できるものです。

相手を悪者にしない

転職理由を考える際に、

絶対に前の会社を悪者にしてはいけません。

先ほどの例をみれば、上司も追い詰められているのです、

そういう時、人間的に出来ていない上司だとは、

パワハラまがいの行為をするのは良くあることです。

それは許されることではないとしても、

実際には至る所で出てきます。

もうそこは人間だもの

許しましょう。

それに、転職の面接のときに、面接官に

前の上司の悪口や会社の問題ばかりいっても、

受かるはずはないのです。

単なる、はぐれ者、反乱分子だったととられます。

それに人の批判というのは聞いてて苦しいです。

ですが、上司との人間関係が原因で辞めたのは事実です。

どうするのが良いのでしょうか?

感謝をしてみる

その会社、その上司の良いところを紙にかいてみましょう。

怒りが出てくるかもしれませんが、

ずっと追及すると、良い事が表れてきます。

あの上司は自分を成長させてくれた。

あの厳しさがあったから結果が出た。

反面教師にして、自分がリーダーになった時には、

良い上司を目指そう。

なんか前向きになってくるものです。

この状態で転職理由を考えていきます。

前向きな思いを抜き出し、転職理由に転換する

人間関係で自分が強みとする部分。

自分の強いスキル。

子供のころからの夢。

信念。

前の会社で成功した事。

前の会社で物凄く楽しいと思ったこと。

こういうのを考えていくと、

骨のある転職理由になります。

人間関係の悪さといっても、

実は上手くいっている時もあるものです。

上司と後輩達との間を上手く保って、

スケジュール通りにできた。

この段階になると、溢れるほど、

前向きな転職理由がでてくるものです。

それをノートに書いて、

まとめて行くのです。

少し人間関係での転職理由を書いてみます

会社の最後のプロジェクトでは、納期厳守で

非常に苦しいものとなりました。

厳しい納期のなか、上司と部下の間を上手く取り持ち、

無事なんとか納品までできたことは、良かったと思います。

あんな極限状態のなかで、自分ができたことは、

自信になりました。

上司は厳しかったですが、本当に自分を育ってくれたのだと

今では感謝しています

(この後は、面接先の会社と関連させて、工夫して作って

いきます。)

もちろん、この転換で受かる保障はないのですが、

ネガティブな思いのままで、転職理由を言うと、

やっぱりネガティブな発言になり、

面接官はきっと不採用にします。

少しでも、人間関係で辞めたということを、

自分の心の中で昇華させ、前向きに転換しておくことが、

とても重要なのです。

人間前向きになったら、本当の自分の強さに気づきますし、

自信も出てきます。

その状態での記載や、面接時の発言は、

面接官にも伝わるものです。

人間関係で辞めた場合のまとめ

たとえ人間関係で辞めたとしても、自分の心の整理次第で、

転職理由なんて前向きなものに変わるものです。

もし、転職活動中で、なかなか面接に合格できないで、

悩んでいるなら、まず、自分のなかのそのネガティブな気持ちを

整理してはどうでしょうか?

私はこの方法で、履歴書の通貨、面接の合格率が上昇したものです。

また、最後に付け加えるなら、

人間関係で会社を辞めるというのなんて、

だれでも、そうです。

正直、普通の転職理由なのです。

私なんて100%上司との人間関係で何回も転職です。

だから、悩まないで、人間関係での退職を前向きに捉え、

転職理由も何回も工夫しながら、最高に前向きな転職理由に

すべく、頑張っていただきたいと強く思います。

そして、それがあなたにとって最後の転職になることを願います。

つまり最高の会社に出会うってことです!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

  <前向き転換シリーズ>

www.bunselfrealization.com

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村