元気なる×なる!Hitorigoto

日常で元気になるのに必要なことを、ひとりごとでつぶやいたり、記事を書いたりします。 ①つぶやき、ポエム②心理学③会社の人間関係(上司・同僚)④転職関連

【スポンサーリンク】

転職後、正社員になりたい5つの道

f:id:BunRyu555:20180408124256p:plain

はじめに

何年か務めた会社を、色んな事情で辞める人も多いと思う。

転職活動をしている人の中には、正社員が当り前の感覚があって、転職先は当然正社員で雇用してくれるものと思っているかもしれない。

転職しても絶対に正社員だ。

しかし、その思いにも関わらず、かなわないことが転職には多々ある。

私も転職を何回か経験して驚いたのだが、中途採用で入社して、正社員までのルートが会社によって様々だったりするのだ。

そう、今の企業は転職者を正社員で雇用するとは限らない。

むしろ転職者は非正規社員として雇用するのが当然という風潮さえある。

それがたとえ大手でもそうなのだ。

そこで、正社員のルートについて考えてみた。

今、正社員になるルートはだいたい5つぐらいに集約される。

  1. 最初から正社員
  2. 0.5~1年後に正社員
  3. 認められれば正社員
  4. 5年後に正社員?
  5. 正社員になるまえに・・・

この5つのルートについてこれから順に説明していく。

この5つのルートをよく知って会社を選んでおかないと、正社員思考の強い人ほど、あとで非常に苦しむことになる。

自分に実力があるなら、どのルートにいっても人生はワクワクでハッピーかもしれない。

しかし、知っておいて損はないと思う。

f:id:BunRyu555:20170610110331p:plain

最初から正社員

 履歴書に正社員と書きたければ、最初から正社員の会社に転職すべきだろう。

試用期間はあるものの、正社員として雇ってくれる会社は、少なくなったが、まだ沢山ある。

しかし、正社員で雇ってくれる会社も、転職してきた中途採用が使い物になるかどうかはたして不安である。

もし、使えない中途社員が来たらどうか?

新卒ならそれでも長い時間をかけて教育をしていくのだが、

中途は給料も高いし、手っ取り早く仕事ができる人を採りたいから、中途採用を会社も行っているのである。

だから、使えない転職者を正社員にしてしまうと・・・。

当然何かの手段をとらないといけなくなる。

すぐに辞めさせれば簡単なのだが、日本の法律では正社員は簡単に解雇できない。

だから、どうするか?

会社も知恵がある。

①ボーナスを極限まで下げたり、

②成果主義の評価制度を強めてる。

ギリギリまでできない社員の給料をそぎ落としていくのだ。

私も以前、転職先で、できない社員のレッテルを貼られて、新人並みに給料を下げられたことがある。

もちろんボーナスも最低レベルだ。

(すぐにそんな会社は辞めて、別の会社に転職したが・・・。今、その時の年収より100万以上あがっているから、あの会社も見る目がない。)

そうやって、給料やボーナスを下げてしまえば、企業としては、例え辞めないで残っても給料が安いのでオッケーだし、私のように他の会社に転職して辞めてくれれば、企業も無駄な人件費を削減できるのでラッキーである。

どっちでも会社は利を取るのである。

という風に、「最初から正社員」という会社には、先のような会社もあるから、転職活動の際には注意しておくべきだろう。

補足としていえば、転職を志している方は、今は、自信満々かもしれない。

しかし、人には合う、合わないもある。

転職して、合わない会社に入ってしまえば、評価なんてほとんどされない。

そうなれば正社員でも危うい。

0.5~1年後に正社員

 最近、転職サイトなどをみていると増えてきているのが、この傾向だ。

半年、1年の間は契約社員とし、その後正社員になれます。

なるほど、これには転職する人も、会社の方もメリットはある。

正社員だと、解雇には色々と問題があるが、

契約社員で半年や1年契約にしておけば、できの悪い中途社員が入社したばあい、会社は契約期間満了で辞めてもらえば、後腐れはまったくない。

また、転職する方も、契約期間満了の退職の場合は、解雇にあたらないので、履歴書にもそうかけるし、失業保険もすぐにもらいやすいので生活面でも安心感がある。(詳しくはハローワークに)

一方で、もし仕事ができる奴と会社に思われれば、契約解除されることもなく、きちんと約束通りに半年後、1年後に正社員になれる。

最近は転職サイトをみてもこの傾向は多いかと感じる。

結構大手でも、やっていたりするから驚く。

(契約社員でも、ネームバリューが凄いからみんな働くんだろうな。)

認められれば正社員

実は採用の時に、転職して「入社後、半年や1年後で正社員になれます。」と言っておきながら、やらない会社もある。

かといって、契約を切る事もない。

要は、契約社員として長く働かせる会社もある。

(そういう意図がある。)

契約社員から正社員にすると補助金などももらえたりするので、一部な優秀な社員は正社員にするが、あとは、会社が傾いたときに契約を切れるように安全弁として活用する。

そして、その活用の間、「あなたは〇〇がまだだから、正社員になれない」と、ニンジンをぶら下げて、転職してきた契約社員を働かせる、実に会社視点でみれば合理的だが、こういう会社もある。

もし、あなたがそこそこ仕事ができるなら、この会社でも全然問題はないだろう。

しかし、常に正社員になるまでは、不安な月日を過ごすことは間違いない。

でも、悪い会社とも言えない。

これが嫌なら、転職活動中に注意深く調べておくべきだろう。

f:id:BunRyu555:20180408124353p:plain

5年後に正社員?

認められれば正社員の会社で、ずっと働き続けた場合、このチャンスが入社5年後に巡ってくる。

最近は、法制度が変わって、5年間契約をしていた契約社員が自分から無期契約(正社員)に転換したいと申し出た場合になれることになったのだ。

まだ始まったばかりの制度だが、可能性はある。

だから、その会社で絶対に働きたいなら、それにかけてもいいだろう。

しかし、個人的には、5年もニンジンの為に働き続けるのもどうだろうかと私は思う。

正社員になるまえに・・・

認められれば正社員の会社に入って、5年後の正社員への転換の時期の前に、契約を切る会社もある。

正社員はコストもかかるので、人件費を増やしたくない会社は、5年になる前に、契約を切る。

そんな会社であることを、5年前から見抜くべきだろうが、そうなる人もいるだろう。

その正社員という夢の為にがんばったたのにと思うかもしれないが、いやそうなる前に自分で行動起こしてちょっと頑張ろうよといいたい。

f:id:BunRyu555:20171001134811p:plain

まとめ

まだまだ正社員信仰は根強い。

だから、ニンジンを利用して、させるつもりもなく、契約社員としてずっと働かせる企業も多いと転職サイトを眺めがらな感じる。

会社の立場としては、それは仕方ない事だ。

いつリーマンショックみたいな強烈な環境変化が起きたときにでも、対応できるように防備が必要だからだ。

その際に、契約打ち切りや、派遣切りなどをして、人件費を一気に圧縮できることは重要なのだ。

背に腹は変えられない。

だから、会社も色々試行錯誤しているのだ。

だが、転職する方はきちんとそれを理解し、変な会社にニンジンでこき使われないようにしなければならない。

そういう強さが今は求められる時代だ。

昔のような会社がすべての社員を大事にするような時代はもうこない。

今は、できる社員のみを大事にしていく時代だ。

5つのルートの本質を見抜き、本当に自分が活躍できる、本気になれる会社をみつけなければならない。

認められれば正社員のような会社に入れば、もしかしたら無理かもしれない。

だけど、そういう会社の意図に気づき、努力して正社員を掴むこともできるだろうし、さっさと転職や独立を志すのもありだと思う。

そもそも、会社の作ったルートなんてサクッと越えていけばいい。

正社員とかいうニンジンを追い続けるほど、人生って暇ではない。

ワクワクすることなんて山ほどある。

正社員だけがすべてではない。

とはいえ、正社員だと家族は安心するだよなあ。転職自体が家族に不安を与えるし、

自分も転職後にすぐ正社員になれるとプライドを保てるし。

まあ、何にせよ大丈夫。

バタバタしてみたらいいだけだ。

転職活動を何回もやると辛いかもしれないし、世間の風当たりも強いし、家族からも白い目でみられるけど、

それでも、自分が働きたい会社、やりたい仕事を転職活動で見つけるのも大事なことだ。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村