元気なる×なる!Hitorigoto

日常で元気になるのに必要なことを、ひとりごとでつぶやいたり、記事を書いたりします。 ①つぶやき、ポエム②心理学③会社の人間関係(上司・同僚)④転職関連

【スポンサーリンク】

仕事でミスして反省ばかりする人は本当に反省しているのか?

f:id:BunRyu555:20180423230858j:image

反省する人

仕事でミスがあった時、すぐに「すいません反省します。」と言う人がいます。

そういう人は本当に反省しているんだろうかと思うのです。

なぜなら、そういう人に限っていつもミスをするように思うからです。

取りあえず謝って、反省の姿勢を示せば許されると思っているのだと思います。

子供の身につけた術

なぜ、平謝りという技をその人が覚えたのかといえば、子供の時に、ミスをして怒られた時、親や先生から反省の姿勢を求められ、それに従ったら、許された経験からなのかなと思ってしまいます。

(親や先生は決して形だけの反省なんて期待してなかったと思うし、子供だから許されたところもあると思います。)

結局、謝って反省の姿勢を取るのが、その人の処世術となっているのです。

本当の反省

ですが、ミスの原因と対策をきちんと立てていない(本当の反省って次に同じミスを起こさないことです。)ので、何回も同じようなミスを起こしてしまいます。

でも、その人は気づかないのです。毎回のミスは運が悪いぐらいにしか思ってないのです。

周りは大変

周りからすると、このタイプの人がいると大変です。

ミスばかりするので、常にチェックしなければならないですし、ミスへのカバーも必要です。

では、どうしたら良いのでしょうか?

対策は放置

一番のは本人に気づかせることです。

その方法として放置を使いましょう。

本人がミスをしても、放置。

だれも、怒らずに、ミスのカバーもしません。

全部その人の責任として対処してもらいます。

結局、その人は、甘えています。

謝って、反省の意を示せば、許される。つまり、周りがフォローしてくれると、思い込んでいるのです。

だから、自分で、原因と対策を打つ必要がないのです。

放置によって、それを自分でやってもらうのです。

最初は辛いかもしれないのですが、上手く自分で原因をみつけ、対策を考えて、実際にミスが減ってくると楽しくなってくるものです。

おわりに

知らず知らず、甘えさせているのです。

反省しても、ミスを繰り返す人は、厳しい対処をするやさしさも必要ではないのでしょうか。

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村