元気なる×なる!Hitorigoto

日常で元気になるのに必要なことを、ひとりごとでつぶやいたり、記事を書いたりします。 ①つぶやき、ポエム②心理学③会社の人間関係(上司・同僚)④転職関連

【スポンサーリンク】

突然の退職への4つの対処法のまとめ

 

f:id:BunRyu555:20180818074503j:plain

突然の退職

仕事をしていると、退職したいと、突然、相談を受けることがあります。そういう人は説得できないことも多く、そのまま、退職になりがちです。

そういう人達はどういうわけで、突然辞めるのでしょうか。

突然退職する人を4つのパターンに分けて特徴と、退職する理由を考えてみます。また、タイプ別に突然辞めない対策を考えていきます。

夢追い人

f:id:BunRyu555:20180818075321j:plain

特徴

自分の夢や目標を持っていて、強い意志で日々何かに取り組んでいます。
ですから、仕事は真面目で、結果も出してくる為に、優秀です。
ですが、その夢や目標が、会社の方向とずれていた場合は、それを達成する準備ができたとたんに、突然に退職してしまいます。
戦力である為に、上司としてはとてもショックが大きいです。

なぜ退職するか

夢や目標が、会社のものと違う為です。
例えば、独立して、古民家カフェをやるというのが、その人の夢である場合は、会社を続けていくのは、無理なはずです。
退職する場合は、自己資金を貯めて、店舗も決め、借り入れも行っている場合が多いため、引き留めるのは不可能といえます。

対策

直前では対策は難しいでしょう。しかし、一年、二年まえから、面談などて将来やりたいことや夢について話し合おう機会があれば、なんとなく察知できるものです。
優秀な人は、なにかしらスキルUPや挑戦を考えているものです。
高い給料を払って、毎日、声をかけているからといって安心してはいけません。
常に、注意を払い挑戦的な仕事を与え続けましょう。
けっして楽な、暇で考える時間が多い仕事をさせてはいけません。

そういう挑戦のなかで、会社に楽しさを見いだし、夢や目標が変わってくる可能性もあります。

しかし、退職したいと言ってきた場合は、温かく送り出してあげましょう。
将来、その人が会社の重要な取引先になるかもしれません。

人間関係からの逃避

f:id:BunRyu555:20180818075550j:plain

特徴

極端に、人を避けているか、反論もせずに、周りに歩調を合わせがちです。
また、挨拶をすぐと元気がないのも特徴です。
もともと、人間関係の構築を苦手にしている人が多いです。
また、仕事の失敗や上司とのトラブルなどで、社内の人間関係が険悪になり、会社にいづらくなったなども、このタイプに含まれます。

なぜ退職するか

退職理由の一番は人間関係だそうです。社内での和や、協調性を大事にする村社会的な文化は日本にはしっかりと根付いており、1度和から外れると、周りもよそよそしく接するようになり、頑張って続けていこうと本人が思っていたとしても、仲間外れの原状に耐えることができず、精神的に追い詰められ、辞めざるをえないのです。

退職の理由を探す場合は、その人に対しての周りの反応を考えてみればすぐに理由は分かると思います。

対策

人間関係からの逃避パターンの場合は、退職を引き留める余地は残されています。まず、本人が、精神的に疲れている場合は、一旦、留意し有休を取らせて、休ませてあげましょう。
それで、冷静になって元気もできて、前向きになることもありますし、上司としての温かさを示すことで、人間関係がそんなに悪くないんだと、再認識してもらたうことにも繋がります。

 不満蓄積

f:id:BunRyu555:20180818075921j:plain

特徴

普段は普通に仕事もでき、人間関係も悪くない人が多いのが特徴です。時には、不満など溜めるように思えないぐらい明るいときもある人です。
しかし、このタイプは仕事で自分の意見を言わなかったり、自分のプライベートごとをあまり話さない場合が多くあります。
周りには、いい人で通っているのも、特徴です。

なぜ退職するか

当然ですが、不満の蓄積が沸点を越えたためです。
自分の意見があまり話せない人なので、言いたい場合で我慢し、それが悪循環になり、疑心暗鬼にとらわれてしまい。
それが強い恨みつらみとなったと考えられます。

対策

本人が、退職を言い出すときは、強い恨みをもっている時ですので、無意味な説得は止めるべきです。
ますますエスカレートしてしいます。
この場合は、不満を聞いてあげるのが、適切です。傾聴というカウンセリング手法が最適です。
反論せずに、温かな気持ちで、不満な思いを聞いてあげて下さい。
これを何回か繰り返していくことで、蓄積された負の感情が浄化されることがあります。
もし、この対策をやっても効果がみられない場合は、辞めてもらった方がいいでしょう。
無理に、会社に残ってもやる気がなく、結果が出せないでしょうし、同僚に不満をいい始め、会社の中に不満分子を築くことになります。


我慢しない人

 

f:id:BunRyu555:20180818083435j:plain

特徴

最近の若い人の特徴かもしれません。辛いことがあると、耐えることもなくリタイアしてしまいます。
耐えることが美徳であるとは教育されない世代です。
また、若い世代でなくても、最近は、逃げるは恥じだが役に立つという考えかたも受け入れられていますし、
過労死やうつ病になる人も社会的に増加していることで、潰れるくらいなら、辞めた方がいいと考える人もいます。
そういう新しい考え方をとる人達です。
あきらめや、逃げることに罪悪感はないですし、むしろ自分らしく生きるには大事なことだと信じています。
だから、昔ながらの考えをもつ人は理解できないのが特徴です。

なぜ退職するか

その人にとって会社の人間関係や、仕事が基準値を越えたためです。

その人にとって、それが許せないレベルを越えたのです。

だから、本人としては当たり前に退職を考えます。

理由を知りたい場合は、本人の基準値を面談や周りに聞くなどして、丁寧に探るしかありません。

対策

前述しましたが、このタイプの人を留意させるには、本人の決めた基準値を探るしかありません。

その基準が分かれば、面談のなかで、本人の思い込みや、狭い考えを解きほぐすことで、少しずつ本人の基準を上げていくことができます。

例えば、仕事量が多くて、残業が続いてもう無理という人には、どうやって仕事を分割し効率的に仕事をやったら、どれくらい早く仕事が終わるかを一緒に考え、狭い視野を広げ、基準を上げていくことが有効ですし、できないという考えを、できるに変わるようにアドバイスすることも重要です。

このように視野を広げ基準点を上げていくことで、我慢できないから、やれるかもに変えていくことが重要です。
そうして、自信をつけていくことです。
もし、それでも我慢できないようでしたら、仕方ないといえます。人の価値観や考え方はなかなか変わらないものです。

 突然 退職されてまった場合の考え方

f:id:BunRyu555:20180818083755j:plain

色々な留意の為の説得や努力をしても、やはり人は突然辞めるものです。
その理不尽さに、辞めた社員に対しての悪口もいいたくなるものです。
「あいつは、もう少しやると思ってたが、根性がない駄目な奴だった。所詮、次の会社に行っても失敗するさ、馬鹿な奴だ。」
と、散々退職した人の悪口を言うでしょう。
その気持ちはわかりますが、それを聞いた同僚はどう思うでしょうか?きっと明日は我が身と思って、忠誠心が下がるでしょう。
それに退職者に必ず悪口を言うような会社なら、退職した人間も会社をこころよくおもわずに、友人や家族に、その会社の酷さを話をしたり、SNSやサイトで悪評を拡散するかもしれません。
だから、突然の退職に対して、怒りは分かるのですが、冷静に捉える人間性が求められます。
そこで、大事なのが感謝です。
退職届を受理した瞬間に、怒りを鎮め、感謝に切り替えるのです。

  • この人の会社での貢献はなんだったでしょうか?
  • どんな良いところをもっていたでしょうか?
  • あなたの為に何をやってくれたでしょうか?

その考えに立つと、怒りはおさまり、涙がでてくるはずです。
そして、もっとああいう風に接してあげれば良かったとか、あれも教えたかったなとか、自分の直すべき点や反省すべき点が浮かんできますし、その過程のなかで、深い感謝の念がうまれてくるはずです。

そして、心の中からの言葉で、
「今まで働いてくれて、本当にありがとう。次の会社でも頑張ってね、君ならやれるよ。」
と言えるでしょう。
これが次に繋がります。
実際、辞めた人が重要な取引先やお客様になるってことはあるものです。
それに、あなた自身の為にもなります。
徳です。人へ感謝で接することで、周り回って、同僚に伝わり、人徳になります。それが積み重なると、人間力が高まり、運気も上がります。
それが、成果に繋がり、出世にも繋がります。
理不尽な部下の突然の退職かもしれませんが、考え方一つで、人生さえも変わるのです。

 <関連記事>

www.bunselfrealization.com

 

 

www.bunselfrealization.com

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村