元気なる×なる!Hitorigoto

日常で元気になるのに必要なことを、ひとりごとでつぶやいたり、記事を書いたりします。 ①つぶやき、ポエム②心理学③会社の人間関係(上司・同僚)④転職関連

【スポンサーリンク】

35歳で転職の壁があるというなら、転職なんてやめればいい

f:id:BunRyu555:20181006222451j:plain

転職の35歳の壁

転職の求人では、たとえ年齢を記載されてなくても(35歳までとはっきり書かれていなくても)、35歳くらいまでの人を求めていることが多いそうだ。

実際にサイトをみると、確かに35歳で求人は半減していくようである。

そういった事から、転職の35歳の壁という言葉が成立しているのは事実なのだと思う。

年齢による暗黙の制限。

かっては怒りを感じていたものの、最近は当然なのかなと思う。

やっぱり心身の衰えを感じてしまう。

若い時にはなかった衰えが、35歳を越えたあたりからはじまってくる。

健康診断でひっかかることが多いし、風邪などもよく引くようになり、病院のお世話になることも増えてくる。

一方、心の面でも、若いころのあんなにあった気力が、萎えがちになったりする。

(私も35歳過ぎてそんな経験をした。)

だから、かっては頻繁にできた徹夜仕事もいまはなかなか無理である。

もし、徹夜をすれば一週間は疲れが残るだろう。

そして、それが面接の時にでる。

私も面接官をしていたが、その心身の若さの違いは、35歳を境に如実に現れていたように思う。

だから、採用担当が、若い人を採るのは不思議ではない。

だけど、この35歳の壁というものに、私は少々違和感がある。

 実は、私自身は、35歳を過ぎて転職を行った一人だ。

だから、実経験からの転職への強い思いがあり、それが違和感を生んでいる。

今日は、35歳という限界を考えてみたい。

35歳転職のリスク

  • 35過ぎてもう転職先はないかもしれない。
  • もし今の会社を辞めたら、採用されないかもしれない。
  • 家族もいるし、給料が転職で下がったら、生活に困るかもしれない。    (実際に転職後私は年収が100万下がった。)
  • 転職後の人間関係がうまくいかず、また辞めるリスクだってある。
  • 次の会社で出世できるかも限らない。
  • 給料が上がる見込みもない。
  • 自分のスキルが新しい会社で通用するとも限らない。
  • 家族だって不安にさせるし、両親も心配する。
  • 健康面も不安だったりする。

35歳を過ぎると色々と背負うものもできて、転職はリスクが高い。

それに求人が少ないという事実が追い打ちをかける。 

⇒リスクがありすぎるから、転職なんてやめるべきでは?

壁があると言うなら転職なんてやめればいい

 リスクがあるのは確かだし、そこに壁はあるのかもしれない。

そうやって、壁があるからというならあきらめればいいだけだ。

  • 給料があがる見込みがない会社
  • 評価ももう見込めない会社
  • ただ、給料をもらうだけの会社
  • 夢がない職場
  • 同じ会社の人間関係
  • 定年までの一本道

それを必死に家族のためと我慢して受け入れればいい。

家族は安心するだろうし、世の中平和に過ごせることだろう。

人生それでいいの

ここで私の思いを伝える。

35歳で壁があるなんて思って、あきらめる人は、最初から今の会社を辞める気がないやつだ。

結局、自分の中に転職しないという前提があって、自分の都合がいい35歳の壁という情報をもってきて、納得させているだけだ。

それなら、それで幸せだし、いいと私は思うのだけれども。

中には、本当はやりたいことがあるのに、壁があるからリスクがあるからと、35歳を過ぎた年齢を理由にあきらめるやつがいる。

そういう人はアホなのかと思う。

自分の人生で、やりたい事があるのにも関わらず、貴重な人生という時間を我慢で過ごす。

それは美徳かもしれないが、やっぱりアホかと思う。

そういう人に限って、今の会社の上司や同僚の愚痴を飲み会で言ってるに違いないのだ。

そんな人生でいいの?

自分の仕事に誇りを持ち、熱く語り、仕事が面白くて仕方ない。

そして、自分の仕事を子供に自慢する。

お父さんのすごさを背中でみせる。

そんな人生だって、今から決意すれば選べるんじゃないのか?

そう私は思う。

実際に私は35歳を過ぎて転職した。

年収は100万下がったが、その後同レベルに下がった。

もし、そのまま会社に残っていれば、管理職だったし、たぶん出世コースに乗っていたから、もっと給料は上がっていたのかもしれない。

でも、人生は面白くなかった。

今は、馬鹿やって転職を繰り返したけど、人生はすごく面白い。

壁なんて、そんなもんまったく気にしない。

それは、自分の意志と行動で乗り越えられるから。

その自信がここにある。

しかるに、後輩や同世代たちが、35歳を越えたからという理由で、人生の面白さをあきらめて、典型的な家族に白い目でみられる、平凡サラリーマンで終わってしまうことに憤りを感じる。

いや、必ず転職しろというのではない、やりたいことをあきらめてしまうのが、問題なのだ。

ずっと同じ会社で、夢や希望をもって、戦っていく人は素晴らしいし、尊敬できる。

しかし、やりたいことをあきらめて、魚のような死んだ目をして通勤するサラリーマンってやっぱり不甲斐ないと思う。

だから、そんな人生でいいの?と思う。

私は挑戦する

私は、また違う挑戦を今後もしていく。

リスクありあり、壁もありあり、

周りからみたら馬鹿だといわれるかもしれないが、

新しい挑戦をまたやる。

そうやって、新しいことを発想し、挑戦する。

何歳になってもやる。

それって、すごく幸せだ。

あの時、年齢を理由に転職をあきらめなかったことが。

安定と高い給料は逃したが、今の幸せにつながっている。

 

(まあ、高い給料は今から挽回してやるけど、つまらない安定はいらない。もちろん生活費は安定はさせるが。)

伝えたいこと

自分のことを書いてしまったが、

言いたいのは

壁って何?

ってこと。どこにあんのそれ?

あなたの頭の中に作り上げた幻想でしょ。

データがある?

そう?35歳で転職した人のデータもあるんじゃないの?

35歳の転職の壁が、求人数であるとしても。

だから何?ってことから人生は始まる。

いかなる発明や画期的なビジネスモデルだって、

最初は現状をだから何?って否定したから生まれる。

そうだから、壁って何?って自分の固定観念を疑ってみよう。

自分のやりたいことに素直になってみよう。

そしたら、今の幸せがもっと倍増する。

その縛りを取ってみようよ。

人生は短いけど、結構長くもあるもんだ。

 <おすすめの関連記事>

www.bunselfrealization.com

www.bunselfrealization.com

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村