元気なる×なる!Hitorigoto

日常で元気になるのに必要なことを、ひとりごとでつぶやいたり、記事を書いたりします。 ①つぶやき、ポエム②心理学③会社の人間関係(上司・同僚)④転職関連

【スポンサーリンク】

話してて相槌なし、テンポ合わない人への対応

f:id:BunRyu555:20190310133800j:plain

はじめに

話をしていて、イラッときてしまうのが、

この相槌を打たない行為。

「相手に相槌を打つって、コミュニケーションの基本じゃないか?」

とイライラが募ると同時に、

「私って見下されているのかも?」

とだんだんと不安になってくるものです。

そうしている間に、段々とその人に苦手意識をもって、

そして終にはど嫌いになります。

それが、上司なら最悪。

自分のテンポは崩され、成績にも体調にも影響をあたえます。

今日はそんな相槌うたない失礼な奴らの対処法です。

奴はどんな人なのか?

まず、相手を分析してみましょう。

奴はどんな人なのでしょうか?

猿ですか?間抜けでしょうか?キツネさんなんんでしょうか?

冷静にみてみると相手がみえてきます。

少なくとも奴は絶対的な神ではありません。

只の人間です。

そう思えば、慈悲の心も芽生えてくるでしょう。

空気読めないお猿さんなんて、愛らしいではないですか。

逆に相槌をしないようにしてみる

相手が相槌をしない事に、怒りを感じたり、不安感を持つ人ほど、

相槌=絶対にしなければならないこと

という絶対的な固定観念をもっている可能性があります。

確かに、話をしていて、相手が相槌を打って真剣に聞いている態度を

すれば、こちらはうれしくなるものです。

でも、相槌をうつという法律はありませんし、

そんな憲法もありません。

罰金もありませんし、裁けません。

それは相手の自由なのです。

なのになぜ相手を恨み断罪する必要があるのでしょうか?

奴は悪くはないのです。

悪いと決めているのは自分自身だと気づいてみてください。

そうすると、責める気持ちがなくなります。

ただ、長年培ってきた固定観念はなかなか消えません。

それを簡単に消す方法は、逆に相槌をうたなくする方法です。

相槌をするという、自身が当り前、正義と思う行為を止めてみるのです。

会話が長くてウザイ人とかに使ってみてください。

きっと会話が止まります。

でも、それでいいのです。

自分が実際に悪いと感じている事をやるのは、固定観念を打ち破るのに有効です。

自分がやってしまえば、相手が相槌をうたなくても、イラつかず、不安にならなくなります。

もっと心は自由になると思います。

相槌をするのも自由

相槌を自分がしない訓練をしてみると、自由になります。

そして、相手がしないのも自由だと思えるようになります。

私も正直相槌を意図的にしないことがあります。

興味がない話は相槌をうちません。

まだ若いころは、必死に相槌をうってました。

そうしないと嫌われる、人間関係が悪くなると本気で思ってました。

だから、人と話すのが恐怖でした。

だって、「人と話す=相手に評価される場」でしたから。

でも、本当に大事なのは、相槌ではなく、相手との心の交流をすることです。

相手と心を通わせ、温かい気持ちになる。

それこそが大事です。

それを作りだす一つの技術が相槌であって、

本当に大事なのは、あなたが奴をどうおもっているか、

どういう気持ちで話を伝えているかです。

あなたが本気で相手を思って伝えているのであれば、

相槌をうたなくても伝わっているものです。

それに、もし伝わらないのであれば、そんな人とは距離をとってもOKです。

だって、必ずしも誰にでも親しくするっている法律はありませんからね~。

 

そりゃ、友達100人、知り合い1000人ぐらいの人脈がれば素敵だと思います。

でも、そのせいでお金が飛んでいって、家族との時間もとれずに、その関係を維持する事に、人生の大半をかけるとしたら、そんなの幸せでしょうか?

無理は続かないものです。

 

相槌も同じ、あなたがやりたいなら相槌をして、やりたくないなら相槌をしなくてもいいのです。

それで人間関係が壊れるなら、付き合う価値のない人だと割り切りましょう。

そして、その自由を奴にも与えてあげてください。

相手にも相槌をする自由があるのですよ。

自分が勝手にきめた法律で罰しない事です。

そんな事で相手を断罪してたら、あれもこれも、断罪しないといけなくなっていきますよ。

 

そんな人生なんてすっごーくキツイっすよ。

やめましょうよ、正義の味方ゴッコなんて。

 

テンポが合わない人は、合わせなくていい。

テンポが合う人だけ付き合えばいい。

それがコツなのではないでしょうか?

 

まあ、と言っても、奴と話すのは面倒でしょう。

まあ、それでもいいじゃないですか。

奴を許してあげましょう。

 

人を断罪する時間を、幸せをみつけ感じる時間に変えていきましょうよ。

きっともっと幸せを感じられて、奴のことなんかどうでもよくなりますよ。

 

ではでは。おしまい。

<お悩み相談>

www.bunselfrealization.com

 

<おすすめ過去記事>

 

www.bunselfrealization.com

 

www.bunselfrealization.com

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村