元気なる×なる!Hitorigoto

カウンセラー(修行中)、双極性障害2型(躁鬱病)で、転職回数5回、育児真っ最中のぶん流のみんな元気なるためのひとりごとブログです。

【スポンサーリンク】

落ち込むときは、落ち込んでみる

 f:id:BunRyu555:20200320084519j:plain

milkteaさんによるイラストACからのイラスト

仕事とは理不尽なもの

ある日、プロジェクトのリーダーから、

リーダー:「ぶん流さん、開発のスケジュールが遅れていますね、このままだと考えないといけません。」

ぶん流:「それって、スキルアンマッチであと3か月で契約を切るという事ですか?」

リーダー:「そうかもしれません。ぶん流さんの頑張りに期待します。」

ぶん流「…」

この時、ぶん流はとても落ち込みました。

とてもとても落ち込みました。

仕事も1週間は何をやったか覚えていません。

次の仕事どうしようか。

もっと勉強して、頑張ろうか

など、色々な思いが駆け巡りました。

 

落ち込むところまで落ち込みました。

 

反作用

でも、人間不思議なものです。

 

落ち込むところまで落ち込むと、不思議とその反動がやってきます。

 

「まあいっか」と開き直るのです。

 

冷静に考えると、別に契約がなくなっても、生きていけるスキルはありますし、勉強をコツコツしてスキルをあげれば、今のプロジェクトでも活躍できスケジュールもオンスケジュールで行けるのでは?

 

人間というのは不思議です。

 

落ち込むところまで落ち込むと、反動が返ってくるからです。

 

反対に、中途半場に、悩んでしまうと、深みにはまって苦しみます。

 

どうしようか、ああしようか、

 

どんどんどんどん無限ループにはまります。

 

そして、耐えられなくなるものです。

 

時には、落ち込むところまで、落ち込んでみるって大事なことなのです。

 

人には性格があります。ぶん流のようにネガティブな思考をする人は、瞬間的な反応がネガティブなのです。でも、ネガティブが続くと、不思議とよりポジティブがやってきます。その自然な作用を利用していけば、落ち込む要素も怖いものではありません。

 

www.bunselfrealization.com

 

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】


自己啓発 ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村